古来、日本では地元の山で育まれた無垢の木や自然素材を使って住居を建て、子孫に繋ぐための植林をし、手入れを継続してきました。それが外材の輸入緩和の後、新建材という"造る側に都合のいい"材料が氾濫し、化学物質に起因するいろいろな弊害が起こり、世界各地の森林資源の破壊、需要が減少した日本の山の荒廃へとつながっていきました。
 
 蜂の巣ログハウジングは、20年前から国産材の「小国杉」を使ってログハウスを造り続けてきました。日本の建物には日本の風土で育った木が一番適しているという信念と、山を育て、子孫に残すためには国産材の需要を増やすことが大切だと思ったからです。

 昨年、この「小国杉」を供給している”熊本県小国町森林組合”が社団法人 全国林業改善普及協会から「SGEC森林」の認証取得森林及び事業所業所に認定されました。この認証システムは「人と森、山と町を結び、元気な循環型地域社会をつくる」ことを目的に制定されたものです。 小国杉を適正に使用していくことにより、安定した林業経営が維持でき、環境への負荷を減らす、「緑の循環」をすすめることができるということでの認定なのです。

 当社では、健康に良い住宅として、自然環境を守り・育てる材料として、これからもこの「小国杉」を使ったログハウス造りを続けていこうと思っています。
 時代が「自然素材のもの」を求めるようになってきました。当然なのです。人間も自然の一部なのですから。あなたも、木が持つ圧倒的な包容力に包まれた、ほんとうに心地よい暮らしを始めてみてはいかがでしょうか。
『緑の循環』認証会議



小国杉とは。

 「小国杉」は一般に「ヤブクグリ」「ヤクノシマ」と呼ばれている品種です。良質な親木の性質がそのまま伝わっています
 挿し木苗の植林方法をとっており、山全体が均一の性質を持つこの管理法には250年もの歴史があります。強靭な材で、台風などの災害にも強く折れにくいことで有名です。

 産地直送の小国杉は立地環境に適応し、特有の粘りと艶があり、建築や家具などに多く使用されています。
また樹齢50年〜80年のスギは建物の骨格に使われる材木として最適で、しかも小国杉は有機酸の放散が少なく、木材特有の調湿機能や窒素酸化物の除去能力にも優れていることがわかっています。

   ※以上悠木産業株式会社のHPより抜粋

マシンカット−精度の高い加工技術−

 蜂の巣のマシンカットログは、全ての部材を工場内でミリ単位まで狂いのないように加工します。
 左の写真はドイツバイニッヒ社製のモルダーと呼ばれる機械で、製材所から買った角材をログの部材に一度で加工してしまいます。

 マシンカットされたログは、品質のバラつきが少なく安定しています。しかもログ同士の重なる部分に施された2枚のグルーブ(溝)の精密な加工により、ログ同士はしっかりとかみ合い、ログ壁面の強度を確保しています。

 そのため施工精度も高く、工期の短縮や作業工程が少ないというメリットも生まれてくるのです。


居住性の高いマシンカット・ログハウス

 日本人は木の持つ性格、特に木肌にはとても敏感です。また近年はシックハウスが問題になってきており、天然の素材がますます見直されています。

 蜂の巣のマシンカットログは、ログハウスの雰囲気を残しつつ、居住性の高いログハウスを実現しました。端正なスタイルと圧迫感の少ない洗練され、さらに天然の素材に抱かれた室内空間を満喫してください。


ログのフォルムは2種類からお選びください。

 マシンカットログの断面は2サイズのスクウェアカットログからお選びいただけます。